初めて眺めた一ノ倉沢
2010 / 05 / 30 ( Sun )
前回来た時は、冬季閉鎖で道が開通していなかったため、

眺めることができなかった一ノ倉沢。

2010年は、予定よりも1週間早い5月21日に開通し、

ようやく眺めることができました。



仕事が終わった後、水上まで関越道をひた走ります。

途中、乗用車3台の絡む事故があり、横転している車の腹を見ながら渋滞を乗り越え、

一ノ倉沢に到着したのは午前零時ちょっと前。

最大の目的である、月明かりでの一ノ倉沢を撮りますが…

満月のため月の出が早く、残念ながら月光に照らされた一ノ倉沢を

撮ることはできませんでした。







月明かりが雲に反射して虹のようになっています。







湾曲している道の右が駐車場、左は車両通行止めだけど、さらに先に続く道。

ちなみにここは国道291号線です。

車両が走れない国道で、点線国道と呼ばれているそうです。









今回のもう一つの目的は、朝日に照らされた一ノ倉沢でしたが…残念ながら曇り。

一ノ倉沢上部には雲がかかっていました。









明るくなったらびっくり。結構車が止まっています。

岩をやる人、写真を撮る人、やっぱり人を惹きつける魅力がある場所のようです。




この後、3時間ほど仮眠してあちこちを走り回ります。

ここは藤原スキー場のゲレンデ。

一面タンポポの黄色で埋め尽くされていました。






ゲレンデの中にある水芭蕉の群生地。

ちょっと遅かったかな…












一ノ倉沢に戻ります。

天気がよければ、夜まで待って撮るつもりでしたが、

雲はさらに低く垂れ込んできました。







せっかくなので、国道を散歩します。

ブナがみずみずしくて美しいですね。










何の種類かわかりませんが、スミレ。








この後、水上は雨となったため撤収しましたが、

足湯2か所と温泉2か所、仮眠が数回で合計9時間30分という、ユルユルの1日でした。

残念ながら目的の写真は撮れなかったので、またそのうち、チャレンジします。
Photo | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<月明かりで見る谷川岳 | ホーム | 蓼科山へもう一度>>
コメント
----

なみちゅうさん、おはようございます。

土曜日はありがとうございました。
もう、本当にびっくり仰天しちゃいました。
まさかなみちゅうさんが来てくれるとは!!

昨年の第一回も来てくれたのにお会いできず
今回は遠かったし、あまり積極的に皆さんに声かけしてませんでした。
だから本当にびっくりでした。
本当に本当にありがとうデス。

ちょうど他のお友達と重なってしまって
ちゃんとした対応ができなかったことを悔やんでいます。
ごめんね〜。

でもお会いできてとってもうれしかったです。
今度はもっともっといろんなお話がしたいです。

あ、そうだ!
昨日、ほえっちが来てくれました。
家族で天狗に登ってそのまま帰れるところを
わざわざこっちに寄ってくれたの。
残念ながら撤収した後だったのですが
ちょっとだけお話することができました。
土曜日日曜日とコージツの仲間に会えて
私は幸せでしたよ〜!

感謝感激です。
ありがとう!

そのうちバッジ展も記事にする予定ですが
今はなんだか脱力感でいっぱい・・・(^_^;)

ではまた!
本当にありがとうございました!
by: 弱足ママ * 2010/06/07 04:59 * URL [ 編集] | page top↑
--弱足ママさん--

相変わらずの早起きですね。

蓼科に登るつもりで八ヶ岳観光協会のサイトを見たら
バッジ展のお知らせを発見しまして。
これは帰りに寄らねば…と決めていました。

前回はお会いできなかったので、
今回もダメかな、と思っていました。
お会いできて本当によかったです。
挨拶をした瞬間のママさんの驚き様が、
なんとも来た甲斐があったというかなんというか。

ほえっち隊も来ましたか!
私とは相変わらずニアミス続きですが、
今回は1日ずれていたようです。

バッジ展もだんだん規模が大きくなっていきそうですね。
ほんとに世界に飛び出しちゃったりして・・・

ではでは、またいつかどこかでお会いできることを楽しみにしています。
遠いところでの開催、お疲れ様でした。
by: なみちゅう * 2010/06/07 21:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namichu.dtiblog.com/tb.php/85-f92af4ef
| ホーム |