燕テント山行
2009 / 10 / 24 ( Sat )
ちょっとブログから離れていましたが、
少しずつ再開していきたいと思います。


さて、今年初のテント山行は、
かねてから行きたかった燕岳。
夏はなかなか時間が取れなかったので、
この秋が今年最初で最後(?)のテント山行です。
10月10日(土)、毎年一緒に登るメンバーとともに、
まだ暗いうちに横浜を出発。
日の出を大月あたり(だったかな)で迎え、
登山口である中房温泉には8時30分過ぎに到着しました。
この時点で駐車場はどこもほぼ一杯。
残るは第3駐車場奥のヘリポートだけでした。
危なかった…。

準備して、約16キロの荷物を背負って9時20分に歩き出します。
が、登山口までがまた結構距離がある。
アスファルトを登ることしばらく、ようやく取り付きます。

今回登る合戦尾根は北アルプス3大急登の一つといわれるだけあって、
面白いように高度を稼ぎます。
天気は晴れたり曇ったり。
せっかくの紅葉は鮮やかだったりしっとりだったり…。













急坂が続きますが、
30分ごとくらいにベンチがあること、
時々息抜き的に緩やかな坂があることもあって、
それほど疲れを感じることなく登っていきます。

富士見ベンチを過ぎて次は合戦小屋というところで、雪が降ってきました。
でもガツガツ登っているのであまり寒さは感じません。








12時25分、合戦小屋に到着。
ここで温かいうどんをいただきます。生き返る…











青空が見えてきましたが、これも一時的。
13時に出発して上を目指しますが、雲の中に入っていく感じ。
これらの木々はダケカンバでしょうか。
前々日の台風の影響で、葉っぱはすっかり飛ばされていました。

















燕山荘が見えてきましたが、まだまだ距離がありそう…でも14時に到着。
意外と早かったな。







早速槍ヶ岳方面を見ると雲の中。
こりゃだめだ…明日に期待しよう。











私はテントを張りに、ほかのメンバーは山小屋の受付へ。
その後、喫茶で合流して酒盛りの開始です。
外は曇り、しばらくして雨が降ってきた。
17時過ぎ、楽しかった酒盛りも終わり、私だけテントに戻ります。






幸い雨は止んだけど、何しろ寒い。
さっさと召し食って明日に供え19時に就寝しました…が、
すぐに寝られるわけでもなく、
20時くらいまで雪がテントにあたる音を聞いていました。


途中何度か目が覚めましたが、意外とぐっすりと寝られ、
4時30分過ぎ、外を眺めると真っ暗の中に
月明かりに照らされた山と一面の星空が!
慌てて写真を撮る準備をして外へ。
燕山荘前まで来て準備をします。
月は半月、それほど強い光であるわけでもなく、
だからといって天の川が見えるほど弱い光でもなく、
なんとも中途半端な光、そして強烈な風と寒さ。
1枚撮っては山荘に逃げ込む感じで、
数枚撮ってテントに撤収しました。
でも、暗闇にそびえる槍ヶ岳もバッチリ見え、
朝に向けて期待が高まります。














さて、次は日の出。5時50分過ぎなので、
5時15分にアラームをセットしてちょっとだけ寝ますが…なんと寝過ごした!
目が覚めたら5時40分。
飛び起きるとはこのことでしたが、
すぐに出られる格好だったので、文字通りカメラを持って飛び出します。

日の出には間に合いました。
南には八ヶ岳〜富士山〜南アルプス。







皆さんは東の空を眺めていますが、
私は西に、その全貌を見せてくれている槍ヶ岳を眺めます。
その背景にはきれいなグラデーションに染まった空。
これを見るために山に登ったといっても過言ではありません。







北の方に目を向けると、笠ケ岳から野口五郎岳など、
うっすら雪化粧した峰々が続きます。












燕岳も日の出を待ち、5時52分ごろ、10月11日が夜が明けました。









テント場を見ると、やっぱり早くに来た人はいい場所をとっていますね。
私のテントは北向き。次回はいい場所を取りたいな。








槍ヶ岳にも朝日が当たります。
みんな槍ヶ岳に釘付け










徐々に日が当たり、刻一刻とその風景が変わっていきます。







気が済むまで写真を撮って、たまに静かに眺め、
頭の中は空っぽになって風景に見入ります。
























テント場から山荘方面。右に槍ヶ岳。





これが私のテント場。
北向きで、ついでに右手の岩が太陽光をさえぎるので、いつまでも寒い。






テント正面の景色。






8時20分ごろ、山小屋組と合流して、
うっすらと雪を被った登山道を、燕岳山頂目指して歩きます。
コースタイムは30分程度、ですが、そんな時間で着くわけが無い。
だってこの景色、スタスタ歩く人の気が知れない。






















有名なイルカ岩。意外と山荘近くにあるんですね。
で、誰も言わなかったけど、左下の岩、タコに似ていませんか? 見えないかな…。

































たっぷり50分ほどかけて燕岳山頂に到着。






雲がかかっていますが、立山が一部見えます。
剱岳は、この時点ではその姿を見せてはくれませんでした。
















とりあえずはいつもどおり、なみチュウの記念撮影。






帰るちょっと前になると、剱岳は一部だけその姿を見せてくれました。







いつまでも居たいけどそういうわけにも行かず、山荘に戻ります。
写真には撮れませんでしたが、ニホンザルがいました。
こんな山の上にもいるんですね。



山荘へと続く道。














荷物をまとめて、10時30分、下山開始です。
半月板が割れている自分にとって、下山は最大の関門。
重い荷物に合戦尾根、嫌でも不安が広がります。
が、この青い空。本当に気持ちがいい。






昨日このあたりでは雲の中を歩いていましたが、槍ヶ岳、見えていたんですね。




燕山荘がもうあんなに遠く。月も見えています。



















高度を下げて行くにしたがって雲の中に入っていきます。
雲間に見えるこの頂は…どこの山だろう。





11時25分、合戦小屋に到着。
ちょうど雲の上あたりのようで、ガスが沸いては消えていきます。








11時40分出発。曇ってはいるけど明るくて、紅葉もまあまあいい感じ。
さらに下がっていくと青空が見え、日が差してきました。
紅葉も鮮やかに。











































膝をいたわるように慎重に下りながら、最後の第1ベンチに到着。
道祖神がありました。





14時、膝が痛くなることも無く中房温泉に到着。
駐車場までのアスファルトの道がつらかったけど、
有明温泉の気持ち良いお風呂に浸かって、
町のほう出たところにある激安激ウマの蕎麦をいただいて、
最高の山行でした。
| トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
<<雪の世界・北横岳へ | ホーム | 柳沢峠から大菩薩へ>>
コメント
--やっほー!--

「はいじー!」「くららー!」「ぺーたー!」
思わず叫びたくなる景色だね♪
こんな絶景を見ちゃったら、つまらない下界に戻るのがバカバカしくなっちゃいそう。

うん、見えるね、あの岩はタコに見える。隣はイルカかな?

久しぶりの更新、気が付くのが遅くてごめんね☆これからも楽しみにしていまーす。
by: ニコちゃん。 * 2009/11/03 18:20 * URL [ 編集] | page top↑
--ニコッペ--

おいす〜

本当に下山したくなくなるんだよね。
いつまでも上に居たくなるような景色だったよ。
隣の岩はイルカ岩。これは有名なんだけどね、やっぱりタコだよね。

というか、よく更新に気が付いたよね、連絡しなかったのに。
ボチボチやっていくよ。それじゃね!
by: なみちゅう * 2009/11/03 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

>よく更新に気が付いたよね、連絡しなかったのに。

あれ?言わなかったっけ?趣味はストーキングだって。
なんてウソウソ。時々チェックしているのさ。

観艦式に続き、来週は自衛隊音楽祭に行ってくるよー!
制服萌えなのだ。(鼻息)
by: ニコちゃん。 * 2009/11/14 13:15 * URL [ 編集] | page top↑
--ニコッペ--

ストーキングがご趣味でしたか…
まあ、ブログ上だけなら許してやろう…
いや、お願いしよう。

最近自衛隊づいているね。
制服萌え? 初耳だ。
かっちょいいからね、自衛隊の制服。
by: なみちゅう * 2009/11/16 21:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namichu.dtiblog.com/tb.php/76-8718b06a
モンクレール アウトレット
山チャリさんぽとPhoto日記 燕テント山行 モンクレール アウトレット【2013/12/15 13:46】
| ホーム |