蓼科山へもう一度
2010 / 06 / 05 ( Sat )
どこか手軽に登れるところは…と考えて、今回は蓼科山に決定。

実は昨年(2009年7月19日)も登ったことはあるんですが、

山頂はものすごい風、というより突風と視界10m程度という濃霧のため、

山頂滞在は数分で撤退という経験をしていました。

360度絶景のはずが、360度真っ白。北も南もあったものではない。

ぜひこの山の本当の景色を、と思い、日の出の時間に横浜を出発。

一路諏訪インターを目指します。



いい天気…だけど、蓼科山のてっぺんには雲がかかっていました。

とりあえずは、前回と同じ場所、御泉水自然園側の登山口まで車を走らせます。

9時に到着したけど、登山口の前の駐車場はもういっぱい。

ちょっと下がったところの大駐車場にとめて出発します。



一度登った事のある道なので、そのときの記憶を辿りながらの山登り。

最初は針葉樹に囲まれた道をひたすら登り、

森を抜け、開けたところを登り、将軍平まで一気に行きます。

蓼科山荘のある将軍平には10時30分到着。

ここで軽く休んでいると、下山してくる人たちの靴はグチョグチョ。

まだ雪は残っているみたい。



20分ほど休んで山頂を目指します。

10分ほど登ったら、早速雪が現れました。






アイゼンをつけるほどではないけど、足を置く場所に気をつけないと滑りそう。

雪は残っていたり残っていなかったり。

30分ほど登ると視界がだんだん開けてきます。










森林限界を超え、左には八ヶ岳…ちょっと雲が乗っかっています。






雪道をトボトボと登っていくと、11時30分、蓼科山頂小屋に到着。

車から見えていた雲はすっかり取れて、山頂方面がすぐそこに見えます。






とりあえずは2530mの蓼科山頂へ。




あ〜…こんな景色だったんだね。

ちなみにこちらは、前回登ったときの山頂。

その時、山頂で唯一撮った写真です。







後ろを振り向くと、だだっ広い山頂が広がっています。

あ〜…こんなに広かったんだね。





山頂はちょっとくぼんでいて、その真ん中にあるのが蓼科山神社奥宮。






前回はこれを探すと山頂で遭難しそうだったし、

だいたい、まともに歩ける状況ではなかったから断念していました。

ちょっとお参りして、白樺湖方面に向かいます。



雲が頭上スレスレだけど、景色が見えるだけでも大満足。

振り向くと、まるでどこかの星に降り立ったかのような感覚。





霞んでいるけど、仙丈ケ岳や…




甲斐駒ケ岳も見えました。





八ヶ岳は、まだ少し雲がかかっているけど、先ほどよりもあがってきた感じ。



赤岳と阿弥陀岳もあと少しで姿が見えるかな?






白樺湖の向こうには車山が見えます。






ぽっかりと雲に穴があいて…




ようやく八ヶ岳から雲が取れました。






右から、西岳、編笠岳、ギボシと権現岳、阿弥陀岳〜中岳〜赤岳、

横岳のギザギザから硫黄岳、双耳峰の左が東天狗、右が西天狗。





南アルプスの山々。右から仙丈ケ岳、塩見岳、手前の黒いのが甲斐駒ケ岳、

そのすぐ左に間ノ岳。北岳は…見えてるのかな?





八ヶ岳をバックに、久しぶりになみチュウも記念撮影をしました。





景色を堪能して飯も食べて、初めて山頂での野点も愉しんで、13時20分、下山開始です。





前回の雲の中とは違って、景色の中に飛び込んでいくような感覚の下山。

蓼科山荘の屋根が見えます。





蓼科山荘前からの蓼科山。丸いですね。







すっかりいい天気になってきた中を下り続けます。




振り返ると、よく登ったな…といつも思います。





針葉樹林の中に入ると、きつかった日差しも和らぎます。







登っているときはほとんど咲いていなかった(気付かなかった?)ミネザクラ。

この暖かさに誘われて、一気に花開いたみたいです。









コミヤマカタバミ。

この日に見ることができた、数少ない花のひとつ。






登りよりも時間をかけて、車を止めているところに到着。

見上げれば、やっぱり丸い蓼科山。








さて、本来ならここで温泉に浸かって帰るところですが、

この日はもうひとつ目的地があります。

女神湖まで下って、ピラタスロープウェーまで車を飛ばします。

終電数本前のロープウェーに飛び乗って山頂へ。

目的は山頂駅のコレ

山バッジ展です。

好日ブログをはじめた頃からお世話になっている弱足ママさんに会えるかも…

横浜での第1回目の開催のときは残念ながら会えなかった。



スタッフの男性にどなたが弱足ママさんか尋ねると、

紹介されたのがすぐ側にいた方。

はじめまして…と挨拶しても無反応。

なみちゅうです…

思った以上の反応をしてくれたママさんが、パパさんを紹介してくれましたが、

残念、隊長は来ていない、とのことでした。











ロープウェーの最終を逃すと大変。

写真と、たくさんのバッジを愉しんで、ちょいとメッセージも残して、

またいつかどこかで再会しましょう、ということで下山します。



ロープウェーからの景色。すっかりいい天気。






つい先ほどニホンカモシカがいたそうで、

ずっと下を眺めていましたが…



アナグマらしき動物がいただけでした。


お決まりのジェラート屋さん「ピッコ」に寄って帰ります。

逆さ蓼科も見事。





久しぶりの登山にブログで知らなかった人との出会い、

今年もいい夏山シーズンが迎えられそうです。
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |