秋色に染まった・・・茅ケ岳
2007 / 10 / 29 ( Mon )

土曜日は突然発生した台風のおかげで、すっごい嵐でした。

翌28日の日曜日、日の出前に自宅を出発します。

向かうは茅ケ岳。



途中見えた丹沢はモルゲンロートに染まっていました。



県内の山なのに、もしかしたら初めて見たモルゲンロート丹沢。

ちょいと新鮮です。



中央道の相模湖インターですが、雲がいい感じ。

なので、少しだけ先にある橋の袂から撮っておきます。





相模湖ピクニックランドの観覧車が雲に見え隠れしてきれいです。







すっかり太陽も上がり、気持ちがいい中央道を走り抜けます。

甲府付近から見た南アルプス。

ほぼ満月の月が浮かんでいます。








韮崎インターで降りてすぐ、深田久弥公園の駐車場に到着。

一眠りして9時ちょっと前、出発です。

しばらくは林の中を歩きます。

前日の大雨の影響か、登山道は小型の石がごろごろと浮きまくり。

歩きづらいことこの上なしが続きます。










前日の嵐を感じさせない林の中。



でも道はぐちゃぐちゃ。






お、次第に紅葉に赤が混じり始めた。








コースタイム上は1時間20分で到着の予定の女岩、

1時間ほどで到着しました。



ここで、湧き水を飲むことができます。

ちゃんとコップも設置済み。

ちょっとぬるいのは、きっと昨日の雨も混じっているから!?







女岩の上には、自然が織り成す色の競演。












団体さんが登ってきますので、出発。

ここからはすごかった。

1時間ほど悪路を登りますが、

頭上は赤に黄色に、大変なことになっています。

もう・・・進まない。










本当にきれい・・・

実はネットで検索したけど、まだ紅葉していない、という情報が多かったんです。

でも、きっと大丈夫という当てにならない男の感で来たけど、大正解。

















下を見ないと滑っちゃうけど、

上を見ないと秋山を感じられない。

そんなこんなで空が近くなってきました。











尾根に到着。

先に休んでいたおじ様方が、

「この先で富士山がきれいだよ」

と教えてくれました。

富士山フェチの私、行かないわけがない。

歩くこと数mで見えました・・・



絶景。

富士は日本一の山。

よく見ると、南斜面に雪はないですね。







そしてもうひとつの感動が、これ、金峰山。



五丈岩もばっちり。本当にデカイ岩ですね。

前日の嵐は、雪を降らせたようです。

金峰も迷ったけど、きっと2000m以上の山は雪だな、と思い、はずしました。

見たところ紅葉もないみたい。茅ケ岳で大正解。







もう、絶景・・・言葉がありません。










コチラは瑞牆山。

今年も行けませんでした。









この斜面の色。

絵の具を飛ばしたみたい。









ここからは稜線歩きです。

といっても周りは木に囲まれてますけど。

その木は紅葉してくれているからずっと感動が続きます。










深田久弥さん終焉の地の碑。

ここで脳卒中で亡くなったんですね。

バックには金峰山。

いい場所です。










鮮やかな紅葉にうっとり。











振り返ると鮮やかな山が目に飛び込んでくる。










あっという間に山頂。

標高1704m。それほど高くないけど、いい眺め。

もう、写欲がムラムラ・・・

まずは南アルプス・甲斐駒








八ヶ岳。よく会いますね、今年は。

先週に比べて雪が多い。昨日の嵐かな。










赤岳に横岳。来年こそ行くからね〜。

きれいに積もっています。これくらいの積もり方が好きかな。










これまた先週に続いて、北アルプス。

大キレットと槍がばっちり。

今年はご縁があります。









標識を入れて。









これは・・・中央アルプス?

(10月31日追加)乗鞍だそうです(汗)。ご指摘ありがとうございました〜!










そして富士山。絶景也。









と、ここで大事件勃発。

なんとカメラがうんともすんとも言わなくなった。

電池を抜いて入れてもだめ。

メモリーカードを入れ替えてもだめ。

軽く殴ってもだめ。

ぶつけた覚えはない。

原因不明・・・泣

あえなくこれにてS5Proでの撮影は不可能となりました。

撮れないカメラはただの重し。






腹が減っては戦は本当にできない。

気を取り直して、団体客で足の踏み場もない山頂で、昼食です。

ゆっくり休んで、さて、下山。

行きに来た道は、ぐちゃぐちゃだからいやだ。

別のルートで下ります。

そして、でかいカメラを入れるスペースはリュックにはない。

タスキがけすることに。重たいなあ、まったく。






歩き始めると、これまたきれいな紅葉が・・・

ここで一緒に行った友人がデジカメを貸してくれるとのこと。

大変感謝して、遠慮なく借りて撮りました。

以下の写真はすべて借りたカメラでの画像です。

久々のコンパクトデジカメ。

こんなに操作が難しかったっけ〜??










下山コースは2コースあって、千本桜に行く道と、尾根道。

地図上、尾根道は点線表示で正式ではない感じ。

でも、通りがかった人に聞くと問題ないとのことで尾根道を下ります。











針葉樹が混ざってきました。










茅ケ岳を遠景します。

見事に色づいています。








周りは紅葉一色。









尾根道らしい道をひたすら降ります。












このあたり、足元にはかわいらしいリンドウの花がいっぱい。











時々見える富士山が、下山をサポート。









1時間40分ほどかかって下り終え、行きに歩いた道を戻ります。









無事に駐車場に到着。

今回も膝が痛くなることもなく、ものすごく満足した秋山登山でした。

茅ケ岳、あまり良く知らない山でしたが、

そんな山でも本当にきれい。

これは癖になります。






さて・・・山頂で逝ってしまった私のS5Proですが、

入院させようとお店に持っていったら、3週間ほどかかるとのこと。

そりゃそうだ。でもいやだ。

サービスステーションに持ち込めば早いようなので、

ちょっと休みをもらって特急修理をお願いしようかな。




ということで、私の秋山はこれできっとおしまい。





どうもありがとうございました。本館




| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |