稜線を歩きに、天狗岳へ
2007 / 08 / 26 ( Sun )
金曜日の夜、早々に残業を終えるはずが長引いてしまい、

家を出たのが夜9時45分でした。

目指すは先々週に引き続き八ヶ岳。

先週は八ヶ岳の南端、編笠・権現

でも今回は北八ヶ岳・天狗岳。

根石岳からの稜線を前から歩きたくて、狙っていました。



桜平の駐車場に到着したのは午前2時。

すでに何台かの車が止まっていてお休みの模様。

それにしても、ここまでの林道は長かった。

車高の低い私の車(プレサージュ)には相当過酷な道でした。



今回のメンバーは全部で3人。

川の字で車中泊し、朝7時30分ごろ起床。

準備をして8時に出発しました。

まずは最初は坂を下り川を越えて・・・




ほどなくして夏沢鉱泉に到着。

開けたほうを見ると、ずっと向こうに山脈が。

あれ、尖がってへっこんで・・・

北アルプスがはっきりと見えるじゃないですか。




こりゃ展望が期待できそう。

小休止して、次のオーレン小屋に向かいます。









小屋の手前にはトリカブトの大群落。

こんなにきれいな花なのに毒があるとは・・・










オーレン小屋では今持っている水道水に代えて、

銘水強清水を汲んで、峰の松目を背に、

小屋の脇を天狗方面へ進みます。

苔むした樹林の中を鼻歌なんか歌いながら登ります。

ナナカマドは色づいた葉っぱもちらほら。







何しろ気持ちがいい。

あっという間に硫黄岳方面への分岐に到着し、

根石岳方面にちょっと行くと、

そこには根石岳、そして西天狗がどど〜んと。

や、山・・・と感じる最初の瞬間でした。







根石岳手前はコマクサの群生地。




花はもうほとんど枯れかかっていましたが、

来年はピークの時期に、きっとここに来ることでしょう。









こちらはトウヤクリンドウ。

まもなくピークでしょうか。






コマクサやトウヤクリンドウのおかげで

なかなかたどり着けなかった根石岳山頂。

目の前には天狗岳と、その向こうに北アルプス。






そして振り返ると迫力ある硫黄岳とその向こうに赤岳と阿弥陀岳。






そして何よりもこの風景。




天狗岳と、そこまで続く稜線を眺める最高の場所。

そして今日の折り返し地点の西天狗。







トウヤクリンドウも最高です。







どうしても前に進めない・・・





稜線を天狗岳に向かって歩きます。

冒頭でも書いたとおり、この稜線を歩きたかった。

それほど長い距離ではないけど、歩きたかった稜線を歩く幸せ・・・






振り返ると歩いてきた道が一筋。






目指すはこの空の向こうの東天狗。








最後の岩場を通過して・・・





絶景を眺めながら、東天狗に到着。







ここで景色を眺めながらの昼食。

コンビニおにぎりとかだけど、ここで食べると一味も二味も違う。

一人のメンバーはここで寝てるというので、

ザックをデポして、もう一人と西天狗に向かいます。








蓼科方面





急だけど気持ちがいい斜面を登り・・・







行程20分。東天狗に比べて人が少なくて静かな山頂。

振り返ると歩いてきた稜線、そしてその向こうに硫黄岳の爆裂火口、

そのまた向こうにはのこぎり状の横岳、

さらに向こうには赤岳・阿弥陀岳。

何度ため息をついたことか。















西天狗山頂は今回の折り返し地点。

なみチュウも赤岳をバックに記念撮影です。






しばらくゆっくりして東天狗に戻ります。

行きには気がつかなかったトウヤクリンドウ。





天狗岩?? と、その左に黒百合ヒュッテ。






いつまでもいたい山頂を下ります。












何度も振り返りながら、根石岳山頂を目指します。
















根石岳を通過して、行きにもさんざん撮ったはずのコマクサ、

やっぱり立ち止まっちゃいます。








トウヤクリンドウとのツーショット。





夏沢峠への分岐近くには、ゴゼンタチバナ。







分岐を夏沢峠方面へ。

それほど展望はないけど、気持ちがいい尾根です。






目の前には硫黄岳の火口が見えます。







夏沢峠に到着。




以前、本沢温泉に泊まったとき、ここを通って硫黄に登りました。

その帰りにはじめて膝の激しい痛みを覚えた、

ちょっとつらい思い出のある峠でもあります。




ここからオーレン小屋に下ります。

オーレン小屋で、買ったものがあります。

もちろんバッチ。天狗と、ずっと前に登った硫黄。

そして・・・八ヶ岳バッチセット。




お値段なんと2000円。バカで〜と思いつつ、負けました。

だって、あと4個とか書いてあって、

ほかには赤岳山頂にしかないとか、

プレミアがとか言われちゃうと、どうしてもだめみたい。

まあ、記念ということで。


お土産に強清水を2L汲んで、ラストスパート。

足の速いメンバーの一人は、夏沢鉱泉に入るため、

一足先に出ています。

きっと飛び跳ねながら下っているでしょうね。

ちなみにタオル付きで500円。

お湯は硫黄で、なかなかのものだったそうです。




私は膝に爆弾を抱えているので、いつもながら慎重に下山。

2週間前の権現のときは、泣きたくなるほど痛かった膝。

今日はまずいかも・・・と思いつつも、

何度も上り下りを繰り返していますが、

なんと、まだ痛みが出ていない。

嫌な気配はあったので、痛くなったときの歩き方にして、

ゆっくり下ります。


以前、涸沢からの帰りの明神で見たキツリフネを眺めながら・・・





膝に痛みが出ることなく、無事に到着。

本当に最高の山行でした。

ソロもいいけど、パーティーもやっぱりいいですね。



帰りは唐沢鉱泉に寄り、

はずせないジェラテリアピッコに立ち寄ります。

そこからの蓼科山と夕焼け雲。




あまりきれいな夕焼けは見られませんでしたが、

天狗岳、また行きたくなる、そんな山でした。




最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
| トラックバック(107) | コメント(12) | page top↑
| ホーム | 次ページ