梅雨の晴れ間は最高の展望で!
2007 / 06 / 24 ( Sun )
2日前の天気予報は雨でしたが、

前日には晴れに変わり、最高の天気になりました。

6月23日、行った先は北横岳。

ロープウェーで登ってから1時間ほどで山頂に到着できる、お手軽な山。

さすが天気予報が悪かっただけあって、

9時30分頃到着したけど、駐車場もすいています。

ロープウェーは往復1800円。

山頂駅はさすがに観光客がそれなりに多い。



この時期どんな花が咲いているか調べなかったけど、

ものすごく咲いていたのがコイワカガミ。




場所によっては大群生でした。



坪庭から登山道に入ります。

観光客はいなくなり、樹林帯を登って行きます。

お陰で強い日差しは遮られ、心地よい風が吹く中を歩けました。




コイワカガミやミツバオウレンが咲く登山道をしばらく歩くと、

あっと言う間に北横岳ヒュッテに到着、そして山頂へ。

最初に着く山頂は南峰。すぐとなりに北峰があります。




今日は最高の天気。

ずっと向こうに槍ヶ岳がツンツンしています。





槍をバックに記念撮影。



東には荒船山や妙義までも見え、360度の展望を満喫しました。



ちょっと早目の昼食後、下山。

でもそのまま下ったらすぐ着いちゃうので、三ヶ岳を通って行くことに。

その前に、行きにも通った北横岳ヒュッテからすぐのところにある

七つ池に行くことにしました。








きれいな水と青い空。

タカネザクラも咲いていました。





北横岳ヒュッテに戻ってちょっと下ったところから、

三ヶ岳方面に曲がります。

とたんに道は狭くなり、大きな岩が見えてきました。




命名、カエル岩。見えない??

ここを越えると、またしても正面に大きな岩。




今度は岩登り。鎖もついて、人生初の三点支持を実践。

やっとこさ登り切ると、最高の眺めが待っていました。










ここからはものすごい急な坂を下ります。

ここからはストックは意味がなさそうなので、ザックにくくりつけます。

再度岩登りをして、駄目押しに雨池山に登ります。




ダケカンバ(?)の新緑がキレイだけど、

ここまできてまだ登るの?? の気分。

急じゃないけどダラダラと登って、縞枯山を望む雨池山頂に到着します。

ここを下り切ると雨池峠です。

ここからは駅までほとんど平坦な道を歩き、ゴール。



ロープウェーの中にあったガイド。

あ・・・あれ?? 連邦???






ちょっと曇っているけど、その分緑色に深みが出てきれいですね。




さて下山後は・・・もちろんあそこでしょ。

まずは縄文の湯で汗を流して、向かうはジェラテリアピッコ。




しぼりたて牛乳とバニラのダブルコーンです。




ちなみにピッコは、冬季は18時までですが、

夏季は19時までとのことでした。



次に向かうは、ハーバルノート。

ところがここ、6時までだったんです。

到着したのは6時15分くらい。

たまたま開いていたので、快く入れてくれました。

で、買ったのは、以前も買った「ハーバルティーパーティー」と、

試飲でもらった、この日から発売の「撫子」。

看板猫はこの日も健在でした。









さてさて夕暮れ時です。

今回はほかのメンバーもいるので長居できません。

だけど、ドライバー特権でちょっとだけ時間をもらいました。




メッチューンリターンズのときと同じような雲。

仙丈ケ岳の中腹にも夕日が当たっています。




すばらしい空と・・・




それが写りこんだ車。車中ではメンバーが待ちぼうけ。






結局撮りたかった絵は撮れず。

でも、中腹に日が当たっているのは、これはこれでキレイ。






最高の梅雨の晴れ間の最後を飾ったのは、

久々に見る、最高にキレイな夕焼けでした。


| トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ