月明かりで見る谷川岳
2010 / 05 / 02 ( Sun )
最近テレビで見て、撮りたいな、と思った場所、一の倉沢。

5月の連休は月は満月を少し過ぎた頃だし、どうせなら月明かりで・・・

5月1日10時過ぎに出発し、関越道に向かいます。

この頃にはもう渋滞はほとんど解消してました。




赤城高原SAからは、谷川岳がバッチリ見えるよい天気。








水上インターで降りて、蕎麦を食べ、

とりあえずは下見がてら一の倉沢方面へ向かいます。

が・・・天神平ロープウェーの先は通行止め。

今回の目的であった月明かりでの一の倉沢の撮影は断念しました。

代わりに撮れる場所を湯檜曽公園に決めて、

仏岩温泉「鈴森の湯」に浸かり、夕飯に釜飯を食べて、

湯檜曽公園に向かいます。



月の出は10時頃、しかも山間部のため、

月明かりが谷川岳に十分に当たるのはきっと1時頃。

しばし仮眠を取ります。



ほとんど寝られることなく1時になり、シュラフから出て外を見ると、

肉眼でほとんど大丈夫なくらい月明かりが明るい。

早速カメラを構えます。



こんな時間でも車が山奥に入っていきます。






北斗七星もはっきり見えました。






月が太陽のように輝いています。






川の水が絹のようですね。






1時間ほど撮影して、日の出の時間まで仮眠。

しかしながら、またほとんど寝られることなく4時になりシュラフから這い出します。

5時、日の出の赤い光が谷川岳の山頂を照らします。






水面には逆さ谷川岳の一部が写っていました。






ひとしきり撮り終えて、道の駅みなかみに向かいます。

まだ7時前なのに道の駅には車が結構停まっています。

皆さんも車中泊なんでしょうね。

この辺りはまだまだ桜が満開。






ようやく寝られそうな気がしてきたため、ここで1時間30分ほど仮眠を取り、

前から行ってみたかった、上越線土合駅に向かいます。

ここは上りのホームは地上ですが、下りのホームは地下、というか山の中。

改札から右は上りホーム、左が下りホームです。




もちろん左へ。

すぐに突き当たり左に折れます。




長いこと歩きますね。




道路の上を渡ります。




川を渡る辺りは雰囲気が変わり、この先は真っ暗。




いよいよ長〜い階段。

右のスペースはエスカレーター用のスペースだそうですが・・・

きっと造られることはないんでしょうね。





ゆっくり降りて、ホームに到着。

普段は地下鉄通勤であるため、

トンネルの中のホームにはそれほど違和感はないんですが、

薄暗さと人のいなさがちょっと新鮮です。







左側は、まだ新しそうだけど、昔のホームのようです。

真ん中の溝には線路のあった跡が残っていました。






ちゃんと待合室があり、この奥にはオープンなトイレもあります。






右の奥は水上・高崎・上野方面。

左は改札口方面。






1日5本のうちの1本の電車が運良く到着します。

もちろんアナウンスも何もなく、

静かにホームへ滑り込んできました。






ここでびっくり、こんなにも多くの人が降りるなんて。

先ほどまで静かだったホームには多くの人が・・・。






みなさん、階段の手前で気合を入れるんでしょうね。






さて、満喫したので地上に戻ります。

ホームと改札の標高差はたったの70m。

段数が多い割には意外と差は少ないですね。







息が切れることなく上りきって、明るい世界に戻ってきました。







窓の向こうに駅舎が見えてきました。





ご丁寧に改札までの距離を表示してくれていました。

このまま上りホームへ向かいます。












明るいホームですね。

やっぱり1日に5本しか停まりません。







さて、前日に知ったのですが、連休中はSLが水上まで来るとのこと。

せっかくなので道の駅まで戻り、SLを撮ることに。

水上駅到着時刻は12時4分だそうで、待つこと30分ほど。



いい雰囲気のトンネル。この先は水上駅です。






煙が見えてきました。

汽笛を鳴らしながら近づいてきます。

こんな間近で見るのは初めてで、夢中でシャッターを切ります。





どうせなら旧型車両だったらよかったのに・・・







動画でも撮っちゃいました。撮り鉄だな・・・















水上駅に向かいます。

SLはすでに客車からは切り離され、次の運行に向けての準備をしていました。
















駅舎のほうへ向かうと、見慣れない電車が停まっていました。

確か、最近デビューしたお召し列車だった気が・・・



この列車は、普段はイベント用として、

そして、特別車両を連結してお召し列車としても運行されるそうです。










なんだか鉄道写真を撮りに来たみたいになってしまった。



さて、帰ります。が、猿ヶ京温泉に寄ってから。

温泉に入る前、老人ホームの近くに桜の広場(?)を見つけました。

まだまだ満開でした。













猿ヶ京温泉「まんてん星の湯」に浸かります。

泉質は仏岩温泉のほうがよかったかな。



ここで見つけたのがガラ・ルファがいる足湯。

ガラ・ルファとは、ドクターフィッシュの異名を持つ魚。

足を入れるとワラワラと寄ってきて、皮膚をパクパクとしてくれます。

大きな魚だとちょっとチクチクと痛い感じ。

小さい魚だとコチョコチョとくすぐったい感じ。

10分で500円、面白い体験でした。



汚い足ですみません。



関越道を東京方面へ走ります。

榛名山の向こうに日が沈みます。もちろんしっかりと渋滞中。




この先、車両火災で大渋滞だとか。

明日も休みだし、とのことで、ゆっくり帰りました。




一の倉沢までの道は、5月28日(金)10時に開通だそうです。
その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ